2010年06月30日

外付けケースに

【PC】というわけで、仕事用旧PCから外したIDE-HDDは、USB対応外付けHDケースに収納されることになった。変換アダプタも現物を見て、便利そうだったんだけど、値段は変わらないのでHDケースに決定。使用する際、スイッチを入れなければならない手間があるけども、かと言って、つねに使用するわけでもないし、これでよいかなと。早速、ケースに入れて電源とUSBケーブルをつないで・・・無事認識。作業は簡単に終了。 しかし、今日は暑い。歩いていると汗タラタラ。でも、また曇ってきた。また夕立、雷雨になりそうだ・・・危ないな。しかし、新しいPCはとっても静か。ケースの前後でファンが回っているけども、ファンのある場所に耳をくっつけないと動作音が聞こえない。オフィスでは実質無音。ゲームマシンじゃないので、たいして負荷はかけないので、この程度の冷却で十分間に合うのだろうけど、やっぱり、PCは新しい方が良いなぁ(^_^)
posted by B-Flatter at 17:16| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

旧HDDの処遇

【Trumpet】今日で6月は終わり。ということは、2010年はもう半分過ぎて、明日から後半戦ということ。早いなぁ〜。まだ3か月ぐらいしか経ってない感じなんだけど。W杯報道(騒動)もやっとこれで一段落か。ニュースも冒頭からW杯の話ばかりで、NHKのアナウンサーもやたらテンション高いし。朝のNHKはサッカーと政見放送ばかり(笑) そんなわけで、今朝も50分ほどトランペット。じっくりと練習できた。一音ずつ、よい音の響きをイメージし、その音を確かめるように、ゆっくりと吹いてた。練習始めは、音が鳴り出すまで待つ。練習終わりも、自然な唇でノータンギングでゆっくりと音を出してクールダウン。この練習の始めと終わりの大切さを、改めて確認。新調なった仕事用PC。旧PCが登場した時期から結構な年月が経過しているので、内部の仕様もいろいろと変化(進化)している。SCSIを引退させてことは昨日書いたが、内蔵HDのインタフェース仕様も、新PCではSATA仕様になっている。旧PCではIDEのままだった。旧PCのHDをバックアップ用に使おうと思っても、現状のままではつなげない。そこそこ容量があるのでこのまま廃棄するのは、ちとモッタイナイ。ので、IDE→SATA変換アダプタを使うか、それとも外付けHDDにするか。ケース入れて外付けにするほど大容量でもないしなぁ。ちょっと思案中。
posted by B-Flatter at 11:39| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

さらば、SCSI

【Trumpet】仕事用PCで長年使ってきたSCSIインタフェースカードが、Win7に対応していないため動作不可に。SCSI対応のMOドライブを接続していた(近頃はMOもレガシーになってきた)。これだけの為に、SCSIカードを買うのも勿体ない。ので、この機会にMOとお別れすることしよう。というわけで、今朝も50分ほどトランペットを吹いていた。内容は昨日と変わらず。なので、特に書いておくことはない。家の中に溜まった、なかなか捨てられない、さまざまな不要なものを一気にキレイさっぱりとするには、新しい家に移るのがイチバン。パソコンも同じで、HDに溜まったものをさっぱりするにはパソコンを新しくするのがイチバン。便利なデータ引っ越しソフトもあるけど、あれを使うと、下手したら、昔のHDとまったく同じになってしまう。なので、そのような便利なソフトを使わず、USBメモリーとかDVDとか、少し手間のかかる方法でやった方かよいと思う。使わないものばかりだから・・・って、それは私の場合か?(笑) おかげで、新しいHDはガラ空き。大昔、Mac Plusを使ってた頃はたった20MBのHDでも、かなりの大容量に思えたけどね(遠い目)
posted by B-Flatter at 14:10| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

基本の型

【Trumpet】今日は朝から蒸し暑かった。夕立があって、雨が上がった後、ムシムシ度がさらにアップ。湿度90%以上あったんじゃないか? 帰ってきたらもうベタベタ(^^;; 今日は、仕事しながら、新PCへのデータ引越しと整理整頓、再設定などをやってて、慌しかった。の前に、今週の朝練。昨日教えてもらったことを思い返しながら、前半は"自然な構え"作りを念頭に、。「Physical Approach」の前の方うに戻って、じっくりと音を出していた。この辺を再度キッチリとやった方がいいな。わかっていても、ついつい先を急いでしまう(^^;; 真ん中のGの音を、いつでもすぐに、最良の音色で吹けるよう、体に覚えさせないと。そういう"基本の型"がで身に付いていないから、いつまで経ってもフラフラしているんだろうな・・・ 音域を広げていくことがもちろんするけど、まずは中心となる型を作っていかなければ。そんなことを考えながら、今週もスタート。高い音は相変わらずしょっぱいけど、自分なりには響きのある音が出せてて、それなりに気持ち良かったぞ。エリックミヤシロさんが言ってたのかな?・・・「練習は気持ち良く終わることが大切」だって。だから、途中、思うようにできなくてイライラした時は、最後は確実に吹けるもので、イライラを鎮めて終わった方が、せっかくの練習がムダにならずに済む。ムシムシに負けず、今週も元気にやろう。
posted by B-Flatter at 21:53| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

自然な構え

【Trumpet】今日は蒸し暑かった。そんな中、トランペットを持って外出。あるプロのプレーヤーの方の所へ。短い時間だったけども、基本的な練習方法や心構えを教えてもらい、あと、マウスピースについて話をさせてもらった。私が、いいなぁ〜と思うサウンドを出されている方で、気さくに色々と教えてくれた。あらためて言われたのは、自然な形で吹くようにし、じっくりと取り組んでいくということ。自分の体がどのような状態の時に、一番良い音がするか、それをじっくりと掴んで、身に付けていく。アンブシャ、口の中の状態、息の量・スピード・角度・・・を、一音ずつ確かめて、自分にとっての最良のポイントを探していく、ということ。当然、すぐにできるわけじゃなく、長い時間をかけてじっくりと作り上げていくもの。ただ、出発点というか、土台として、吹こう、鳴らそう、というのではなく、自然な形で構えて、その形をキープしながら、音が鳴り出すのを待つ。楽器を迎えにいかない。まぁ、そんなことを聞かせてもらった。得るものが多い一日だった。しかし、その方の前でちょっと吹いてみたものの、普段よりも高い音が全然出ない。いつもなら楽に出せている音さえ、しょぼい音。ということは、それだけ安定して吹けていないということだ。どんな状況でもしっかり音を出せるレベルになっていない、ということ。これが現実なんだね(^^;; というわけで、今日のトランペットはこれだけ。今日も練習しなかった。また、明日からぼちぼち頑張ろうっと
posted by B-Flatter at 22:28| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

Globish

Book】今日はトランペットの練習は無し。マウスピースだけで軽くバジングだけやった。15分くらいかな(^o^;; ほぼ完全休養日。サイレントブラスを使って、できなくもなかったんだけど、結局止めた。今日は読書がメイン。まずは「iPad vs. キンドル」という本。"日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏"という副題がついていて、この手の書籍の中では結構売れている方なのかな・・・? 私は買わない。もちろん借りもの(笑) 電子ブックリーダーの全体像(技術、市場動向など)を俯瞰するにはちょうどいいのかな。旬の本だし、日本でも今秋頃になればまたいろいろと騒がしくなってくるだろうし、情勢はどんどん変わっているわけで、とりあえず読むなら今のうち。ブックオフで105円になってる頃は遅い?(笑) 1時間もあれば(そんなにかからない?)ザザ〜と読めてしまう本。で、次は『オン・ザ・ロード』(ジャック・ケルアック)を読んでた。こちらはページ数もあるので1時間でザザ〜というわけにはいかない。海外文学をちょっと読んでみようかと思って。いつも図書館で読む各週刊誌(記事は適当に飛ばして、ちゃんと読むのは各誌のコラムぐらい)。ある程度読むのはNewsweek日本版ぐらい。今週号は「Glob・ish」。Global+Englishの造語。1500程度の英単語で表現する新しい世界型英語。英語を母国語としてきた人よりも、非英語圏(第ニ外国語)としている人の方が「Glob・ish」への適応性に優れている、というような話。英語圏の相手とはもちろん、非英語圏との相手とのコミュニケーションでは、「Glob・ish」がもはや世界共通語になっている。何年の前からそういうことは言われてきたことだけど、記事を読んでみると、あらためてそういう傾向が強くなっているんだなと。Newsweekの記事中に、同じ内容の文章をEnglishとGlobishでそれぞれ書いたテキストが載っていて、読み比べてみると、Globishの方が確かにわかりやすい。構文が短くシンプル。頭から理解しやすい。じゃ、楽天やユニクロが社内公用語とするのはEnglishではなく、Globishか・・・TOEICでもそんなグローバルタイプの英語を重視しているらしいし(受けたことがないので知らない ^o^)
posted by B-Flatter at 22:10| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

Maiden Voyage

【Dictionary】生伴奏音源付きJazz譜面本・教本で有名なジェイミー(Jamey)は数冊持ってる。この間、古本で、持っていない巻のを見かけた。ちょっと興味あったけども、止めた。これ以上増えてもね・・・^^; JameyのVol.54「Maiden Voyage: Fourteen Easy-To-Play Jazz Tunes」は、随分昔に買った1冊。このVol.54の伴奏音源を使って、ボビー・シュー(Bobby Shew)が演奏したものがある。トランペット版Vol.54"Maiden Voyage"だ。海外注文もできる(送料入れても国内で買うよりは安い?)けど、そこまでして欲しくはない、かな。色々と悩んでいる電子辞書。昔買ったCanon(Wordtank)をまた使い始めた。モノクロ(バックライト無し)で、もちろんペン入力も音声出力もできない、ごくごくシンプルなモデル。搭載辞書は広辞苑(5版)とジーニアス英和(3版)と和英。辞書も現在ものより古い版。だけど、使えないわけじゃない。これでも十分に使える。英英がないのが残念だけど、これをまた使うことにした。そうすれば出費ゼロだし(笑)

jamey54.jpg jamey-54.jpg
posted by B-Flatter at 16:47| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

鞄が重い

【Trumpet】最近、鞄の重さが増した。トランペットの教本2冊と譜面ファイル、電車で読む単行本(今読んでるのは厚くて重い)、英語の教本、マウスピースにICレコーダー、電子辞書(昔買ったCanon製)等など。必要なものと考えるとこれぐらいになるし、なかなか減らせないんだよね(^^;; そんなこんなで、今朝はトランペットを練習できた。約50分ほど。予定通り。「唇のウォーミングアップ→Buzzing Book→Physical Approach→曲」というメニュー。もう少し長い時間、せめて1時間半ぐらいでじっくりやりたいのだけども、なかなかそうもできなくて。高い音(Mid G以上)はなかなか出せないけども、いい感じには行ってると思う。英検準1級の試験に向けて毎日勉強は続けている。最低毎日1時間は本と辞書を開いてるかな。結構、マジメ(笑) が、どうも、前向きな気持ちがいまいち盛り上がってこない。「今年度中になんとしても合格するぞ!」という必死さがないんだよなぁ。ん? 今まで、そんな必死さがあったか?(^^;; ユニクロも社内の公用語を英語にすると発表。国内市場が縮小し、海外展開の比重がますます大きくなるとなれば、当然のことだろう。楽天も同じ方針だし、外資系以外でこのような企業がさらに増えてくれば、英語関連産業にとってはなかなかの追い風だろうな。英語必須となってくれば、さらに第2、第3の言語を操れる方がより有利か? となれば、中国語、アラビア語とか? 興味あるけど、まずは、英検を制覇してからだな。いつになることやら・・・(^^;;
posted by B-Flatter at 09:57| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

電池がいるんだ

【PC】今朝は練習できなかった。最近現れなかった邪魔者・・・じゃない、マジメな社員さまが先にいらしてなたので(^^;; が、トランペットは出さなかったものの、バジングだけ実行。始めに唇のほぐし、ウォーミングアップしてから開始。Mid C→Low Cへ1オクターブ下へグリッサンドするのが、ちょいと難しい。Low Cから半音ずつ下がっていく最低音のG♭、そこからさらに半音下がるF。これは意外と出せた。けど、アンブシャが崩れてきたので、これではダメだ。唇が開くのを我慢。いくらバジングでも、結構大きな音がするので、シャンクをハンカチで包んでミュート。30分ほどやって終了。仕事で使っているパソコンを新調することにし、キーボードとマウスも結構年期が入って、キートップの文字が2、3個完全に剥げてしまったので交換することに。で、ワイヤレスタイプにした。値段も手頃だし。キーボードはともかく、マウスを使っていると、時々ケーブルが邪魔になる時がある。早速使い始めて、なかなか快適だ。が、ひとつ、買ってから気付いたことが。これ、電池入れなきゃならないんだ! そりゃ、そうだ、ワイヤレスなんだから(^^;; ということは、電池切れが起き、電池交換しなきゃならないということ。数ヶ月持つので交換と年に1、2度程度だけど。ワイヤレスタイプは電池が必要なことを買ってから気付いた。これからワイヤレスキーボード&マウスを購入される方、お気をつけくださいませ(笑) ちなみ、必要な電池は製品に同梱されてた。電池は百均のアルカリ電池で十分。
posted by B-Flatter at 09:42| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

柔らかい唇

【Trumpet】Kindleの新型が今夏にも登場するらしい(というニュースがあった)。今のモデルよりも薄くなって(今でも十分に薄いと思うけど)、画質・画面表示速度が良くなるらしい。カラー化はまだみたい。カラー版"E-Ink"はあるので、カラーkindleの登場もそう遠くはないだろう。年内にはSONYの端末が日本発売になり、それに合わせて、おそらくiPadの現行モデルが値下げされ、面白く盛り上がってくれるんじゃないかと、適当に期待はしているんだけども、189ドルのKindleはいいなぁ。新型で画質が向上するのはいいけど、値段は高くなるだろうし、それに、テキストメインで、モノクロ画面だったら、画質向上のメリットはそれほど感じないかな。そりゃ、写真がキレイに見えるんだったら、その方がいいけど、紙の印刷と比べたら大差ないのでは。そんなこんなで、今朝もトランペットを吹いてた。早速、『The Buzzing Book』のエクササイズ No.1からやってみる。Gからスタートとして、半音ずつ上がってMid Cまで。4拍吹いて4拍休む(2拍で残った息は吐き切り、次の2拍で息を吸う)。バジングでMid Cまで出すことはできる。が、このエクササイズでは Mid Cからオクターブ下のLow Cまでグリッサンドしなければならない。アンブシャを変えず(唇を開かないで)、息と舌のコントロールでオクターブ下へグリッサンド。あらためてやってみると、なかなか難しい(^^;; No.2〜No.4では、バジングとトランペットの両方で同じエクササイズをするようになってる。No.2からいきなりペダル音(F)が出てくる。解説によるとこのNo.1〜4までのエクササイズから十分な効果を得るには4〜6週間が必要らしい。効果を焦らず、気長に地道にやれ!ということ(^o^) この本の解説文には、お勉強になることが色々と書かれている。Low E辺りから低い音になってくると、唇を開きたくなってくるもの。だから、Low Cから低い音を、中域のGのアンブシャで音が鳴るようにするには、より柔軟な唇が必要になる。唇の柔軟性が倍音を多く含んだ豊かな音色を作り出す・・・ことになるみたい。エクササイズNo.1の後、他の練習もやって朝練終了。朝練のスタート、その日、最初にマウスピースで音を出す時は、タンキングしないで、音が鳴り出すまで辛抱強く待つ。最初はシューシュー息の音しかしないが、その内、段々と音が出てくる。これも柔軟な唇を養うため。
posted by B-Flatter at 10:38| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

Kindle値下げ

AmazonのKindleが値下げされた! 6インチ画面のモデルが259ドル→189ドルに。70ドルの値下げ! 1ドル=90円として6,300円も安くなったのは大きいね。送料・手数料で20ドルぐらいかかるし、レザーカバー(34.99ドル)を合わせて注文すると合計で約244ドル=約22,000円。これだったら電子辞書止めてkindleがいいな〜。良かった、注文しなくて(笑) kindle版のNewsweekの月刊購読料がたった3ドル($2.99)。雑誌版を年間購読した場合の1冊分とほぼ同じような金額。kindleは英語辞書(The Oxford American Dictionary)を内蔵してて、テキストの読み上げ機能もある。電子ペーパーなのでバッテリー消費がメチャ少ないという利点も大きい。あと、モノクロ画面で目に優しいし。マズイなぁ・・・危ないなぁ・・・何かの弾みでポチッとやっちゃいそうだなぁ・・・(^^;;
posted by B-Flatter at 16:25| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

The Buzzing Book

【Trumpet】この間、『The Buzzing Book』を購入した。今回は、いつもの古本じゃなく、久しぶりに新品で(^o^) この本のことは以前から知っていた。特に必要ないと思ってた。が、最近、いろいろと考えて、これは有効なのではと思い直した。有効なのでは・・・なんて生意気なことをぬかしてるけど(^^;; バジングはダメ、と言う人もいたりして、そのダメな理由も「あ〜ナルホドな」と納得できる部分もあった。あらためて考えてみると、バジングそのものがダメと言うよりは、ようは、考え方、やり方の問題かな、と。何事にも功罪両面があるのだと思うし、その目的を知らないままにやってしまっては、デメリットな面が出てしまう危険性はあるのかもしれない。この『The Buzzing Book』は、もちろん個々のエクササイズも重要だけど、“序章(Introduction)”に書かれていることが肝だと思う。この“序章”をちゃんと読まないまま、いきなりエクササイズを始めてしまうと、この本での収穫はあまり期待できないかもしれない。そういう意味では、有効に使うことが意外と難しい教本なのかもしれない・・・。内容・功罪をちゃんと理解し、正しく指導してくれる人がいればベストだけど、実際問題としてなかなか難しいよね。そんなこと言ったら、世の中の教本は独学じゃ使えなくなってしまうけど(^^;; 『The Buzzing Book』にはCDが付いている。B♭管とC管用に各1枚ずつ。すべてのエクササイズで、著者(James Thompson)自身による模範演奏と伴奏が収録されてる。模範の方は冒頭のみなので短い。秀逸なのは伴奏。エクササイズの音を適当な電子音でガイドを入れているのではなく、"タデウス・カサッティ"という名の作曲家が特別に書いたもので、正しい音程を出さないとハーモニーにならない。つまり、耳の訓練にもなる。伴奏だけ聞くと、何コレ?って感じ(笑) エクササイズには、上は"High C"も出てくるし、下はペダルトーンも。最初の方はまだ楽に出せそうな音域。だけど、グリッサンドはちょいと難しい。そんなわけで、今朝もトランペットもベーシックなことを中心に練習してた。

buzzing.jpg
posted by B-Flatter at 12:46| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ファンレス扇風機

【Trumpet】昨日は楽器練習無し。トランペットとフリューゲル、テナーの掃除をしただけ。「掃除も練習のうち」なんちて^^ 後は、図書館で借りた本を2冊読破。最近、いい気になって本を借りてしまったもんで、読み終わえなくてはならない本が溜まってしまった(^^;; というわけで、昨日は一日中、家に篭ってた。そんなこんなで、今週も朝練からスタート。昨日、クリーニングし、バルブの中もキレイキレイになり、グリスアップもしたらトランペットで、朝練。音的には、自己評価で、いい感じで出ている。ラッパらしい音。高い音は、朝イチではなかなか出てくれない。2時間ぐらい練習できれば、後半になると出てくれそうな気もするんだけど。今朝も結局、"Mid G"がイッパイイッパイだった。高音が出ない理由は、自分なりにいくつかチェックしていて、練習の度に気にはしている。その中のひとつ、"リラックス"が足りないのかも。思っている以上に、体が硬くなってるのかもしれない。高音を出そうと、マウスピースを唇により強く押し当てる、プッシュはほとんどない。右手の小指をフックに軽くしかかけていないので。と言うか、練習ではフックに小指をかけていない。唇も横に引き過ぎないよう(唇を薄くしないよう)にしている(逆に、唇をすぼめる感じ)。そんなことをやりながら、50分ほど吹いた(途中、唇休めの休憩あり)。先日、電器店で(また電子辞書をチェックしに^^;)、ダイソンのファンレス扇風機を見た。約30cm径の輪っかが動いていて、不思議な感じ。風量は弱い。普通の扇風機の弱、微風という感じ。夏場、赤ちゃんの昼寝にはちょうどいいかも。"ムラのない風"というフレコミだけど、今も扇風機は使っているけど、風のムラを感じたことってないなぁ〜(笑) 無音というわけでもない。うるさい店内で意外と音が聞こえたから、家だとさらに大きく感じるのでは? 羽根がないだけで、大きさは扇風機サイズだし、特にメリットは感じないなぁ。他人に見せびらかすにはいいかな(笑)  横幅10cmぐらいの縦長スリムで、30cm扇風機クラスの風量が出せて、ほとんど音がしない、というのならスゴイかな(^o^)
posted by B-Flatter at 13:22| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ツー・ファイブ・ジャズ・ライン

【Trumpet】今日は陽射しが出て暑くなった。ので、涼しい部屋でサイレントブラスを付けて練習。が、いまいち集中できず、高い音もスッキリ出ない。途中で眠くなってくるし(^^;; 結局、1時間ほどやって終わり。この間、古本で入手した本、『ツー・ファイブ・ジャズ・ライン/II-V JAZZ LINES』(リットーミュージック) ヨレ・ヨゴレがなくどこが古本なのかわからないキレイな状態が半額だった。定価だと買わないけど、半額だったのでいいかな(^o^) 書名通り、ツーファイブのフレーズの色々な作り方を解説している。本来なら、ここに書かれているフレーズや方法を12keyでやって身に付けていくのだろうけど、それよりも、こういう考えた方もあるんだねと眺めてる。英文法の参考書を読んでいるような感じ。

ii-v-i.JPG
posted by B-Flatter at 22:04| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

ポメラ

【Trumpet】今朝も練習できた。今朝は、アンブシャに気を付けながら吹いてた。自然体を基本としているが、近頃、不自然なアンブシャになってしまっているんじゃないかと。注意しながら、一音ずつゆっくりと音出し。それで急に改善できた、わけではないけど、まぁ、そんな感じでボチボチと。帰りがけに電器店に立ち寄った。まずは、iPadコーナーをサラッと見る。発売当初の熱気も落ち着いた様子。次に、電子辞書コーナーへ。まだ、迷ってる(^^;; こんなにウダウダしてるんだから、それほど必要性を感じていないのかもね。で、電子辞書の近くにあった、KING JIMの「ポメラ (POMERA)」を触る。ポメラのことは初代モデル(DM10)は発売当初から知っていたけども、特に興味はなかった。久しぶりに見たら、廉価モデル(DM5)と上位モデル(DM20)が登場してた。このブログの通り、テキスト作りはキライじゃない(笑) それと近頃、目が疲れるようになってきて(首のコリの原因にも)、反射型のモノクロ液晶がいいなぁ〜と感じるようになってきた。ポメラは、起動が瞬時で、終了操作も不要なのがいい。ウイルスの心配もないし(^o^) このDM5はSTN液晶。画面見て、"HP 200XL"を思い出した。キーボードの構造が簡素化されたDM5の方が、壊れにくそうで安心感は高い。ポメラは、通信機能はないので、ブログのテキストを書いたとしても、いちいちPCにデータを転送しなければならず面倒。英語の勉強に使えるかと考えてた・・・ テキストビュアーとしては、起動するためにキーボードを開かなければならないようなので、使い勝手が悪いな。セミナー、講習の記録用には使える。あと、俳句や短歌をやっている人に、ポメラって便利かもしれない。詩を書いてる人にも。読んでる本の面白そうな個所を記録しておくのに使えるか。ポメラでメモったものをつぶやけるPC用ソフトもある。が、Twitterはやらないし。結局、自分に必要なものはなんなのか、ちょっと考えてみる。電子ブックリーダー的なものになってくる。そこに辞書機能が付いていて。外でテキスト書きやメールの必要性はかなり低い。となると・・・
posted by B-Flatter at 13:40| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

イカロス兄さん

【IKAROS】電子書籍がこれからどうなっていこう、別にどうでもいいのだ(^o^) 安くて便利であれば流行るし、そうでないものは廃れる、のだから。そんなことよりも、あの"宇宙ヨット"(小型ソーラー電力セイル実証機)の「IKAROS(イカロス)」が、セイルを無事広げ、その姿の撮影に成功した! 超小型カメラを放出して、その超小型カメラが離れながら「イカロス」の姿を撮影。宇宙に、四角い大きな銀幕が広がっているじゃないか! ヨットと言うよりも"宇宙凧"みたい。JAXAの「IKAROS専門チャンネル」で撮影された画像が公開されている。分離放出された超小型カメラは、内蔵電池が切れて撮影を終えた後は、世界最小の人工惑星になって太陽の周りを飛び続けるんだって。専門チャンネルに、超小型カメラ(DCAM2)が放出される様子を紹介するアニメーションが見られる。この絵本風アニメがなかなかよく出来ていて、イカロス兄さんとDACAM2君のやり取りが、ちょっとシンミリ来るんだよね(^o^) 分離カメラはもう1台用意されている。イカロス兄さんって、小太りな、こういうキャラクターなんだ(笑)
posted by B-Flatter at 11:07| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

電子書籍関連本

【Trumpet】今日は晴れてる。今朝のトランペットは、昨日よりはちょっとだけ気持ちよく吹けたかな。高い音も少し出てくれたし。それでも、"Mid A"がなんとか出た程度。高い音を出せる身体にまだなってない。イメージや息は、出しているつもりなんだけど、唇とか他の個所が反応してない。"身体作り"を地道に続けていくしかないな。「電子書籍の衝撃」という本を図書館で借りて読む。本屋に行くと、この手の本がゴチャゴチャ並んでいて、盛り上がっている時に商売しようという当然の魂胆で、本や出版業界の危機だとか煽っている内容を"本"で出すというのは矛盾しているような感じもするけど(笑)多くの本(新聞その他)で書かれている内容、以前から言われているようなことだし、日本独自の書籍の流通形態や再販制度の問題点だって指摘されていることはおそらく当事者の皆さんが一番分かっていることだろうし、レガシーコストだと言われてもそれで保護されてきた所だってあるのだから、指摘されていることが改善できるんだったら苦労はしない、よね(^o^) 本の作り方・流通の仕方・売り方・読み方はこれまでも変わってきているし、さて、この先どうなっていくか? 1年先のことも実はわからないんじゃない? Apple、Amazon、Googleが本心で何を狙っているのか、わからないよね〜。とりあえずの個人的な結論として、このような電子書籍関連の本は、図書館で借りて読む程度で十分かな(笑)
posted by B-Flatter at 10:44| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

ブーゼラ

【Trumpet】W杯のスタジアムで鳴り響いている"ブブゼラ"。あれ、最初、どうやって音を出してるのか知らなかった。金管と同じように唇を震わせて発音させてるんだね。法螺貝を鳴らしているのとを同じだ。聞いてると同じ音程の音しか出してないようだけど、あれ、息のコントロールで音階も出せるんじゃない? "ブブゼラ"でメロディが吹けると思うけど。ブーイングも"ブブゼラ"でやるとデカイ音でさぞ強烈だろうなぁ。アレ、応援用だけじゃなく、"ブーイングラッパ"として使えるのでは? ブーイング用ブブゼラ・・・略して「ブーゼラ」 イマイチだな?(^^; あの音でブーイングされたら、やられた方はかなり凹むだろうな(笑) 今の"ブブゼラ"は長いので、伸縮構造にして、持ち運びに便利なのがイイかな。かなりうるさそうなので、あまり流行って欲しくはないけど(^^;; そんなネタはおいといて、今朝もトランペット。高い音(トランペット業界の一般常識からすると、"高い音"には入らない程度の音域)が、なぜ出にくくなっているのかを、自分なりに分析しながら、いくつか注意しながら吹いてみた。が、特に変わらず(^^;; メニューは昨日と同じ。は〜(ため息)
posted by B-Flatter at 11:01| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

ヒョッとすると・・・

【Trumpet】今日は、今のところ晴れてる。でも、夜には雨になるみたい。今朝のニュースはW杯で日本が勝ったことで大騒ぎ。まるで、初めて出場して初めて勝ったみたいな興奮ぶり。まだ1試合だけだから(笑)野村監督の語録に「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」というのがあるが(出所は、肥前平戸の藩主の言葉)、勝つ時には"運"が働くし、今後もその"運"が続いてくれることを祈ろう"はやぶさ"が無事地球に戻ってきたし、その運をタイミング良く、W杯の日本チームが受け継いだととしたら、これはヒョッとしたらヒョッとするかも・・・?(^o^) そんなこんなで、今朝もトランペットを吹いた。曲は、「C Jam Blues」と「Stain Doll」の2曲。どちらもエリントンもの。こちらは幸運とは無縁で、今朝も、高い音が少々痛かった・・・(-_-;; しっかりした音が出ないなぁ。「"出ない"に不思議な"出ない"なし」なしか。また、明日、頑張ってみよっと。
posted by B-Flatter at 15:09| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

Dunhill

【Trumpet】関東地方、今日は雨。どうやら梅雨入りみたい。首のコリは少しは解消。原因は目の疲れだろう。パソコンとか、本とか、あと辞書の小さな文字を読んだりしてると、目が疲れて、首も凝る。原因になることを止めておけばコリも改善するだろう。楽器をやってる分には大丈夫だ(^o^) そんなわけで、梅雨入りの今週もいつも通りにトランペット朝練。今朝は、ちょっとは調子良かったかな。ウォーミングアップ、いつもの基礎トレの後は、「Stain Doll」を吹いてた。この曲は、歴史と格式のあるナイトクラブで演奏しているような気分で吹かないと、曲の雰囲気が出ない。そんなものには全く縁が無いけども(笑) 服もお洒落にビシッと決めた・・・つもりになって。お洒落と言えば、W杯の日本代表のオフィシャルスーツはダンヒル(Alfred Dunhill)。何年前からダンヒルなんだろう? 結構前からじゃないかな。スーツを作ってる海外ブランドは欧米でいろいろとあるだろうけど、その手の話には疎いんだけど、"ダンヒル"というのがいいね。国内ブランドでもいいスーツを製造する技術はあるだろうに。アメリカやイタリアじゃなく、イギリスの方が日本人の体型には合うのかも。サッカーは、W杯の中継を真夜中に見ようと思うほど興味はないけど、ダンヒルのオフィシャルスーツは似合ってるし、カッコイイと思う。が、「勝負服」というコピーはイマイチ合ってない感じするんだけどなぁ・・・。ま、"サムライなんちゃら"と言われるよりははいいけど。ダンヒルでスーツはなかなかオーダーできないよなぁ。でも、銀座本店にある理容室「THE BARBER」には一度は行ってみたいかな。気持ちいいだろうなぁ。
posted by B-Flatter at 14:32| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。