2010年03月31日

顎が疲れる

【Trumpet】今日で3月、2009年度も終わりだ。今年度最後のトランペットも、まぁまぁの調子だった。"High C"は出なかったけど、以前は苦しかった高音域も段々とラクになってきた。ただね、朝練の終わりになってくると、唇がバテてくる。現状、とても数曲続けて吹ける持久力はないな。持久力を付けていくことが、今後の課題でもある。「Physical Approach」の課題をやりながら、ブルースでの実践的な練習を。これまでも手をつけていたけど、中途半端になっていたので、ここで一旦リセットして、明日から再スタート。
【Englishj】英語学校の授業が迫ってきた。課題があって、指定の短文25題を暗唱していく。模範のネイティブ発音があって、これが速いんだ〜(^^;; 標準だと言ってたけど、なんか早口言葉みたい(笑) 暗唱はできてるので、今はスピードアップしたスピーキングの練習中。口先だけでモゾモゾしゃべらないよう、しっかり腹式呼吸で、咽を開け、顎と舌をはっきり動かす。少々オーバーなぐらいに。そうすると、結構、顎が疲れるんだな^^
posted by B-Flatter at 22:10| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

いい感じ

【Trumpet】今日はスッキリ青空で見た目は春って感じだけど、外に出ると風が冷たい。夜になると結構冷えるな、きっと。朝練を始める前、天気のおかげか、唇がいい感じ。ちょうどいい具合に締まってる ...なんて書くと、普段は口が開いてるみたいだけど、一応そんなことはない(笑) 高い音が気持ちよく出そうな雰囲気。メニューはいつも通り。で、結果は、普段とあまり変わらなかった(^^;; "High C"を狙ったんだけど、う〜ん、ちょっと出なかった。2度ほど下でイッパイだった。ま、こんなもんだろう。明後日からいよいよ4月で、カラダは古ぼけてしまっているけど、気分ぐらいはリフレッシュしていきたいね。早速、今週から英語の授業が始まる。準備はしてるものの、段々と緊張してきた。電子辞書はまだ決まらず。買わないまま、しばらくいきそうかな...
posted by B-Flatter at 14:40| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

入門ビジネス英語

【English】NHKラジオ講座「入門ビジネス英語」の新年度講座が始まった。今回のは去年(2009年4月〜2010年3月)の再放送。入門は月曜と火曜の週2回(午後10:40〜10:55)。仕事で英語を使うことはほとんどないけども、いろいろ聞く(聞き流す?)のもムダではない、だろう。15分間×2回、週に30分ぐらいは負担にならないし、内容・フレーズを無理してゴリゴリ覚える必要もない、かな。気楽に、適当に忘れちゃっても良し、いつくか覚えていたことがあればラッキー、というスタンスで(^^) ビジネスの場での英語表現を学ぶ、というよりは、会話のスピードに慣れる、というのが目的かな。英語ニュースとはまた違うから。ビジネス用語、経済用語とか馴染みの薄い単語が時々出てきて、しゃべるのが速い(日本人だって普段会話スピードは速いのだろうけど)、ということを除くと、構文、文法はほぼ中学英語の範囲内なんだよね。仮定法とかは高校レベルだったかな?
posted by B-Flatter at 23:12| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

気合を入れろ!

【Trumpet】二言目には、景気や政治の愚痴を言い出して、他人のせいにする暇があったら己の勉強不足、努力不足を恥じろ!って。以前は、いちいち言ってたけど、最近はバカバカしてくなって何も言わない。歳を食ってくると、動かない奴は何を言われても動かないね。アタマ、カラダを動かすことを止めていた期間が長くて(それでもやっていけた)、もう完全に固まってしまってる。目と耳と口がかろうじて動いているだけ。口ではなんだかんだと意見したり、批判したりするけど、自分では何も動かない。そんな人物を、「役人みたい」なんて揶揄するけど、いや、いや、役人さん達の方が数段頑張ってると思うね。社会のアチコチで、"親方日の丸的根性"が水虫菌のようにはびこってる。これを完治させるのは大変だぞ〜(^^;; というわけで、今週も朝練スタート。この週末はほとんど吹けなかった。その割には、結構スムーズに吹けた。先日の勉強会でも言われたこと、自分の欠点というか、足りない所は"息のパワー" セーブしているつもりはないんだけど、どうも音がおとなしい。もっと強く、大きく発音しないとならない。最初から抑えていたじゃ仕方がない^^;; 十分な息のパワーがないと始まらないんだよ、吹奏楽器は。息がしっかり出せてないと、他のことをナンボやってもムダ。息にもっと気合を入れろ!ってね^^ そんなわけで、今週もスタート。
posted by B-Flatter at 11:55| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

新年度

【English】寒い一日だった。今日は昼頃から出かけていたので、トランペットの練習もなし。夕方、マウスピースだけでほんの短時間吹いた程度。練習した内には全然入らない。また、明日からだね。今日は英語の勉強をやり、後は本を読むぐらい。と、このブログの更新(^^) 今週から4月、新年度のスタートだ。実質、明日からだな。4月から英語学校に通い始めようと思ってる。英検2級程度がそのクラスの受講目安、なんだけども、少々怪しい2級の私には、正直、ちょっと厳しいレベルで、ついていくのが大変なのは確実。が、ここをクリアしなければ目標である1級取得は無理。クラスで恥をかくのは当たり前だし、とことん失敗をして恥をかくために、学校はあるのだと思う。ガッツリと行きまっせ!
posted by B-Flatter at 23:49| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

お勉強会休み

【Trumpet】いろいろと考えることがあり、トランペットのお勉強会への定期的な参加は今日もってしばらく休むことに。今後は単発的な参加に。いろいろな事情との絡みがあり、また、新しくやりたいこととの兼ね合いもあって、限られたリソースを有効に使うためには、何かを整理しなければならなかった。自分で言うのも何だが、1年前よりも、安定してきたなとは感じる。どこを意識して、どこをリラックスするのか。元々、トランペットはどのように音を出せばいいのかってことが、ちょっとずつわかってきはじめたかなって。自分的には、これからが面白くなりそうって感じ。どっちにしても、ちょっとずつしか上達していけないし、長〜〜〜くやっていきますよ。
【Book】今週は、"それでも、日本人は「戦争」を選んだ”という本を読んでいた。著者は、東京大学 文学部人文社会系研究科教授で、東大で日本近現代史を教えている加藤陽子さん。去年、NHKの「爆笑問題 ニッポンの教養」に登場されてた。本は去年7月に出たもので、やっと読んだ。鎌倉にある栄光学園の歴史研究部に所属する生徒さんへの、日本近現代史の講義をまとめたもの。日清戦争から太平洋戦争までの、日本がなぜ戦争に進んでいったのかを講義してくれている。本の内容については読んだ人がそれぞれ解釈し感想を持てばいいこと。加藤先生の授業を受けた、栄光学園の生徒さんが羨ましいし、これだけのものを受けることができた生徒さんの能力に感服する。あらためて歴史って面白いなと感じるし、歴史をちゃんと知ることが大事だよな。さて次は、ベトナム戦争を題材にした小説を読む・・・
posted by B-Flatter at 18:01| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

ツタンカーメン王の死因

【English】来週からNHK語学講座も新年度がスタート。本屋に並んでいる新しいテキストを見て、これなんか面白そうさだ、テキスト買って聞いてみようかな、なんて思う。テレビの英語ものは3ヶ月で1プログラムという構成なので、気軽にちょっとやれたりする。NHKさんも趣向を凝らしたのを企画してくる。がしかし、現実問題としてそこまでやれるのか、と冷静になって考えると、やっぱ止めとこうかな、となったりする^^;; 別に、そんな力まず、ただ聞くだけ、見るだけでもよい。今、面白くやっているのが、前にもちょっとふれた、「ニュースで英会話」。テレビは週一回の放送で、ラジオでは「ワンポイント ニュースで英会話」という5分間番組を平日毎日やっている。ラジオは一度も聞いたことがない^^;; そう、そう、最新のAERA English 5月号の特集は"今年こそ挫折しない!NHK語学講座"とNHK英語講座の紹介(宣伝?)。 AERA Englishって一度も買ったことがない、たまに立ち読みするだけ。話は戻って、ニュースで英会話」のサイトに月曜〜金曜の毎日更新されるNHKワールドニュースを勉強するだけでも結構イッパイイッパイで、他の英語講座をやる余裕はない。多読教材でやさしく書かれた物語などを読んだこともあるけど、面白さを感じなくて、数冊でやめてしまった。ニュースの方が合ってるみたい。1本が短いので途中で飽きることもない(笑) 海外のニュースとか勉強になったりする。「3500年前の古代エジプトのツタンカーメン王の死因はマラリアだった可能性が高い」とか、ニュースで英会話で知ったもん。
posted by B-Flatter at 22:25| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

体制変更

【Trumpet】今日も寒い。一日雨だった昨日よりは気温高いようだけど。来週はもう4月。ボヤボヤしてたらすぐにGWが来るぞ(^o^) そんなわけで今朝も、いつものようにトランペットを吹いていた。昨日は出なかった"High C"も今朝は狙えた。最初の音でいきなり"High C"は出せなくて、オクターブ下の"Mid C"から、ド・ミ・ソ、♭レ・ファ・♭ラ...と、メジャートライアドで半音ずつ順に上がっていくと、ファ・ラ・ド(High C)を出せる。つまり、息のスピード・角度、口の中の状態、そして、音のイメージが、"High C"を出す条件になれば、ちゃんと"High C"が出る、ということ。当たり前と言えば当たり前だけど、その当たり前のことを自分の感覚として捉えることができるまで相応の時間がかかる。4月から(来週から)体制を変更することにした。気が多い性格なもんで、色々とやりたいことがある、けれど、時間に限りはあるし、それに懐具合はずっと緊縮状態(^^;; となれば、いろいろと整理し調整しなければならない。楽器をあきらめたり、止めたりする気はサラサラない! これからは重心を勉学の方にすこし移そうかなと。すべて同じエネルギーを注ごうとしても無理で、共倒れになってしまっては元も子もない。でも、朝練は今後も変わりなく続ける。朝練は既に生命活動の一部になってるので(^o^)
posted by B-Flatter at 12:11| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

The Great Dictator

【English】今朝のトランペットはいまいちだった。昨日は初めて"High C"が出せと、ちょっと喜んでいたのに。寒いせいか?^^; 今朝は30分ほどしか吹けなかった。ま、そんな感じ。以前(2年ぐらい前になるかな)、ブックオフで、「感動する英語!」という本を買った。古今の名文、著名人の演説などを納めた本。CD付属の本なんだけども、そのCDがなかったもので、ブックオフで105円で売ってた。別にCDなくてもいいかなと。この本の中に、チャールズ・チャップリの『独裁者(原題 "The Great Dictator")』のセリフが載っている。映画のラスト、自分と瓜二つの独裁者に間違われ独裁者を演じてきた床屋の主人の演説。この演説のシーンがYoutubeにある。著作権的には問題なんだろうけど、付録CDのネイティブさんが吹き込んだ音声よりも、本家本元、チャップリンの声の方がいいね。


posted by B-Flatter at 13:32| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

カスタム・ブラス・クインテット

【Concert】昨夜行ったのは『ブラスの祭典〜カスタム・ブラス・クインテット&ソロイスツ』 この間の東京メトロポリタン・ブラス・クインテットに続いての金管五重奏もの。「カスタム・ブラス・クインテット」のメンバーも錚々たる方々(詳しくはリンク先参照)。首席奏者がズラリ。音楽大学で教授も務めておられる方々なので、東京メトロポリタン・ブラス・クインテットの時のような、カツラや変装はなかった(^o^) ちなみに、カスタム・ブラス・クインテットの名前の由来はメンバー全員がヤマハのカスタムを使用しているからだって。ストレートなネーミング(^o^) 演奏は、東京メトロポリタンとは違う、全体的にしっとりと落ち着いた印象のサウンドだった。カツラ、変装がなかったから、というわけじゃなくね(笑)休憩挟んで後半は、ゲストの5名の演奏者が加わっての金管十重奏! ヤマハホールのステージは広くない(天井は高い)。ステージのほぼ左右一杯に10名がズラ〜と並ぶ。トランペット4名、トロンボーン4名、ホルンとチューバが各1名での十重奏。加わった5名の皆さんもオーケストラの看板奏者として活躍している人たちばかりなので、十重奏でもビッタリ合う(当然か?^^;) 10本の金管楽器が演奏される様は、博覧会のパビリオンとかに設置される、大きな電光スクリーン(スーパーハイビジョン)にさまざまな映像が映し出されているような感じ。光の流れのように、10本の音が左→右、右→左にサーと流れていく。トロンボーンとチューバの5本で複雑な低音部を作り出して、そこに4本のトランペットがこれまた自在に動いて、そこにホルンが絡んで。このスケール感、広がりは生じゃないと絶対に聴けないと思う。オーケストラやビックバンドのものとは違う。サックスや弦楽器が同じ十重奏をやっても違う。金管ならではの音の広がり方が創り出すサウンドの立体感がいい。10本鳴っていても、うるささをまったく感じないのは、さすが。複雑なアレンジを一糸乱れず完璧に演奏しきる技術は凄いなぁ。今回のコンサート、金管十重奏は、新しい銀座ヤマハビル完成記念の特別プログラムだったみたいので、今後聴く機会はないのかな... ところで、これはクラシックのコンサートだからなのか、よく知らないけれど、前半の五重奏で、なんで1曲終るたび席を立って舞台袖に引き上げるんだろう? その度に、楽器持って出入りして、客席に挨拶して、いちいちメンドクサイと思うんだけど。トランペットはいいけど、チューバなんて余計大変じゃない?、楽器重いんだから(^^) あれは決まり事なんだろうか? あれだけが不思議だった。
posted by B-Flatter at 11:51| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

銀座ヤマハ

【Yamaha Ginza】今日は寒い。雨が昨日から降り続いていて、冷たくて、やだね... で、昨夜は、冷たい雨の中をコンサートに行って来た。向かったのは新ビルに生まれ変わった銀座ヤマハ。オープンして初めて行った。随分と様子が変わってた。旧ビル(チェコの建築家の設計だったとか)では1FがCD売り場になっていて、そこで、週末とかに公開イベント、ミニコンサートとかが行われていて、明るく開放的でいかにも楽器店という雰囲気だった。が、新ビルは1Fは、まず全体的に暗い。入ってすぐ左手にイベント用ステージあり、後はインフォメーションと奥にエレクトーンの売り場。ザックリと言えば、伝統と先進をミックスした洗練された、ってことになるんだけど、銀座に点在する、有名ブランドのビルに間違って来てしまったような錯覚があった。そんなことを思うのは歳取ってる証拠か?(^^;; 暗く感じたのはインテリアや照明のせいもあるし、人も少なかった。コンサートの開場まで時間があるので、フロアを探索。入って右手にエレベータがあるのだが、壁と一体化してて、ぱっと見でどこがエレベータなのか分かりづらい(やっぱり歳か?^^) 新ビルではエスカレータが設置された(旧ビルはエレベータと階段だけ)。但し、エスカレータは上りのみで、3階まで。そのエスカレータも結構狭くて、二人並ぶのはちょっと無理。元気な人は階段を使った方が手っ取り早いし、その方が健康にも良いでしょう(笑) 2階がCD関係と楽譜、3階が楽譜・書籍のメイン売り場となっているけども、フロアに上がってみると、まず第一印象・・・「狭い!」 在庫量的には旧ビルの時と同等なんだろうけども、フロア全体がどうも狭苦しく、周囲の棚からの圧迫感がある。フロアの見通し感がないせいだろう。広くないスペースなのに、入り組んでいる感じがある。4Fに行くのに階段を使おうと探したら、階段が奥まったところにあって、階段もな〜んか暗いんだよね。4Fが管・打・弦楽器の売り場。階段から売り場に入ると、トランペットとサックスがズラ〜と陳列されたショーケースが目の前に。天井照明が暗めなので、ショーケースが眩しいこと(^o^) ショーケースの中で楽器がキラキラしてて、廉価なモデルも2クラス上ぐらいに見える(笑) ここも狭苦しい感じ。ショーケースの間隔が狭い。この売り場に、サックスケースを背負ってる来る人は結構いるはず。休日の混雑している時、ケースをショーケースにぶつける事故が起こるんじゃないかと余計な心配。ショーケースの中の展示、店の雰囲気に合わせてるつもりなんだろうけど、製品の型番や値段の文字をもう少しわかりやすくしてくれないかなぁ〜。ここは、本社ショールームじゃなくてショップなんだから、赤文字で「大特価 他店よりも絶対安くします!」なんて書けとは言わないけど、もうちょっと表記のしようがあるんじゃないかね。文字を小さくすればいいってもんじゃないと思うよ。カッコよく、かつ、わかりやすく。このフロアもね、見通しが悪くて、狭苦しく感じる。実際、広くはないし、そこに押し込んでいる印象はあるし、商品陳列だけじゃなく、問い合わせカウンターみたいなものも入れているので、余計に。昔の方が良かった、と単純に言うつもりはないけど、新ビルはなんか違和感ある。利用しづらいかなって。頻繁に来れば馴れるのだろけど。5Fはピアノ売り場、でも寄らず。そうこうするうちに開場時間になったので、上のヤマハホールに行く。エレベータ使わずに階段で(エライ! ^^)
posted by B-Flatter at 11:49| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

ねぎ玉牛丼

【Food】外は雨降って寒いじゃないか。突然だけど、小池栄子さんが食べたい...じゃなかった、小池栄子さんがテレビCFに出演している、すき家の『ねぎ玉牛丼』が食べたい。牛丼好きで、ねぎ好きな者にとって、これはかなりそそられる。すき家のHPによると、この『ねぎ玉牛丼』は、「しゃきしゃきの青ねぎをたっぷりトッピングした、さわやかな食感の牛丼です。ピリ辛のコチュジャンダレが、牛丼のおいしさをさらにアップさせています。」らしい。う〜ん、テキスト書いてるだけでお腹が鳴りそうだ...(笑) 同時に登場した新メニューの、"おろしポン酢牛丼"と"3種のチーズ牛丼"は、個人的にはイマイチかな(^^; すき家の店舗がある地域になかなか行けなくて、『ねぎ玉牛丼』をまだ食べることができていない。噂によると結構好評らしく、材料切れで発売中止なんてことにならないうちに早く食べてみなくては(^o^) というわけで、今夜はライブに行くぞ!
posted by B-Flatter at 17:15| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

出せたぞ!"High C"

【Trumpet】今日はまた寒い。昨夜、英語(ニュースで英会話)の勉強中にまた鼻水が出てきて、鼻をかみながらやっていた。仕方ないので、また鼻炎の薬を服用。そしたら、今朝起きる時に眠くて。午前中半休してそのまま眠っていたかった(^^;; ここで起きないと今日の朝練が出来ない(朝練の方が優先なのか? ^^) で、なんとか眠気と戦い、いつもよりちょっと遅くオフィス到着。今日はたいしてできないな、せいぜい30分かな、と思いながら、練習スタート。いつものエクササイズをやって、今日はこれで終わりだな、最後に高域拡大をやった。"Mid G"が現在の練習メニューの最高音。そうしたら、"High C"まで出せちゃった! 意外とポロっと出た。息の勢いだけで出しているので、まだ破裂っぽいと音だけど、細くキツイ音じゃなくて、一応トランペットらしい音で目標だった"High C"に届いたのは、素直にウレシイぞ! "High C"の峰にまだ立てたわけじゃなく、片腕がやっとかかったような状態。これで安心して油断すると落ちちゃうので、足場をしっかりと固めながら焦らず、着実にステップアップ。「High Cが出た」と手帳にしっかり書いておかなきゃ(^o^)

hic.bmp
posted by B-Flatter at 10:34| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

大学ノート

【English】英語の勉強用に新しいノートを買った。東大合格生はノートはどうして美しいのか?、という本の影響で、コクヨから美しいノート作り向けのノートが発売されていたりしてる。コクヨのキャンパスノートが最も売れているだろうし、普通なら、これを選ぶ。ダイソーのノートも何度か使ってきたけど、書き味がいまいちで。が、今回は、コクヨを止めて、ツバメノート製の大学ノートにした。このグレー色の趣きある表紙がいい、いかにも勉強してますって感じがする(^o^) コピー、切り抜きを貼ったりで、後からいろいろと書き込んだりするので、紙がしっかりしている方がいい。表紙も厚めで。安いノートはペラペラしてるので、どうも使いにくい。その点で、ツバメノートの大学ノートは最適。膨らんでもサマになる。鉛筆で書きやすいし、万年筆のインクの吸い具合も良くて滲まない。

daigakunote.jpg
posted by B-Flatter at 17:44| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

キラ☆キラ

【Radio】ネットでラジオが聴ける"radiko"。正式名称は「IP(Internet Protocol)サイマルラジオ」 タクシーの中とか商店街の八百屋さんの店先とかで聞こえていたラジオがネットでも聞けるというのは良いことだと思う(^^) で、個人的に好きな番組が、TBSラジオで平日13:00-15:30に放送している『小島慶子 キラ☆キラ』 小島慶子さんはTBSの局アナさん。話しっぷりがとても気持ちいい。頭の回転が早くて、話が切れる。歯に衣着せぬという感じの、ストレートな物言い。それでいて嫌味が無い。声質が良いので、毒舌的なことでもサラリと聴ける。いろんな表現力を持っている人なんだろうな。ラジオを持っている放送局の方が、所属アナウンサーの能力は比較的高いのではないか、と個人的には思っているけど(例外も多いだろうが)、この小島さんはそんな人。小島さん、テレビでは、東大教授の御房さんと組んで『時事放談』に出演してる。キラ☆キラとは対照的な渋い番組(笑) 日曜朝、NHKでやっている「日曜討論」の司会、小島慶子さんがやったら格段に盛り上がって、面白くなると思うなぁ〜! 今、日曜討論の司会やってるNHK解説委員より番組的にはずっと良いと思う、けど、ま、無理だろうな(^o^) TBSは、19時台に鳴り物入りで始めたニュース番組(総力報道! THE NEWS)を今月で閉店する。NHKニュースに勝てなかった理由をいろいろと考えるだろうけど、個人的な意見では、小島さんと田原総一郎を組ませて、好き放題にやらせた方が良かったんじゃない?(^^) 普通のニュースはNHK見ればいいんだから。というわけで、今日も午後1時から『小島慶子 キラ☆キラ』が"radiko"で聞けるので、仕事しながらぜひどうぞ(^o^)
【Trumpet】今週もトランペットの朝練スタートした。今朝の高音は少し出が悪かった。そんな時はあまり無理しない(トライはする)で、その時の出る範囲で練習。
posted by B-Flatter at 12:30| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

開花宣言

【Trumpet】良い天気で暖かい。東京も桜の開花宣言だ出たらしい。来週には満開になってくるんだろうか... 春だね〜。今日はなんだかのんびり。昼からトランペットを1時間半ほど練習。トランペットは昨日と同じ感じ。まぁまぁいい感じで音が出ている。息をしっかり入れて、しっかりした音を出すことを心がける。身体の外側はリラックスして、芯を強くして、息に無駄なくパワーを伝える。「Physical Approach」はLesson 8に入る。
【English】トランペットの後は英語の勉強。予習もあるので、辞書をひきひき勉強。電子辞書はまだ思案中。購入するとしたらカシオなんだけど、購入するかどうか迷ってる。迷ってる時は止めておいた方がいいんだろうな(^^) 電子辞書を買う前に紙の辞書を買おうかと... 新学期・入学シーズンで、書店には辞書がたくさん並んでる。一年で最も辞書が売れるシーズンだからね。英和の中型辞書は持ってるので、さらに収録語数の多い辞書が欲しい。大きさとか、使い勝手を考えると、研究社のリーダーズ英和になるんだよね...
posted by B-Flatter at 16:55| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

息使いのコツ

【Trumpet】昨日の夜中、猛烈な風が吹いてた。台風直撃のような風が吹き荒れてた。あの風が平日の日中だったらもっと大変だったかも... てなわけで、今日の午後、トランペットを練習。昨日の分まで2時間ほど練習した。音も気持ちよく出せた。なかなか良い感じ。高い音(まだMid Gまでだけど)も、以前のように細くかすれたりせず、下の音と変わらない感じの音を出せるようになってきた。やはり、息のコントロールが重要だな。息の勢い、パワーが必要で、その音程のツボに当てると意外なほどラクに音が出る。唇への意識はほとんどない。唇はずっとリラックス状態。自然体をキープ。息をどう使って音程をコントロールするのか、少しずつコツがわかってきた感じ。
posted by B-Flatter at 23:35| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

昼寝

【Health】あら、いつの間にか21日になってしまった。天気予報によると今日は荒れた天気になるらしい。今も時より強い風が吹いてる。今日も鼻炎の薬を飲んだもので、朝からちょっとポワ〜ンとしながら午前中は図書館に行った。午後に英語の勉強をしていたら本格的な眠気が襲ってきた。で、我慢しきれずに横になって昼寝。ほ〜んと眠かった。辞書を開いてるとウトウトしてきて、そのまま眠ってしまって、椅子からころげ落ちてしまうかと思った(笑)
【Trumpet】そんなこんなで、今日はトランペット休み。明日はゆっくりと練習できそうだ。天気悪いみたいだし、そんな時は楽器を練習して、静かに読書してるのがイチバン(^^) 今月はページ数のある厚い本ばかり読んでる。戦争に関する(題材にした)ノンフィクション、小説が多い。『戦場からスクープ!戦争報道に生きた三十年』、『核時計零時1分前−キューバ危機13日間のカウントダウン』は面白かった。
posted by B-Flatter at 00:26| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

副作用

【Health】昨夜、英語の勉強をしていたら鼻水が出だした。こりゃ花粉だ! で、今朝出掛けに薬を服用。そうしたら、副作用で眠気が... オフィスに着いた頃から頭がポワ〜ンとしてきた(^o^;; ちょっとでも横になったら一発で寝てしまいそうなほど。仕事の話をしていても頭の1/3ぐらいが眠っているみたいな(笑) 鼻水。鼻詰まり、鼻炎アレルギーの薬は眠気が来るから。副作用が少ない薬もあるけど、効き目が違ったりする。午後になってやっと少し治まってきたみたい。オフィスの中を歩いていても、どこかにぶつかりそうだった。フロアの移動も階段だと踏み外すと怖いのでエレベーターを使用。
【Trumpet】そんな副作用でボワ〜ンとしていながらも、朝練はキッチリ。頭の中はフワフワしてたけど、トランペットはなかなかシッカリと音が出せた。息のコントロールが段々と良くなってきた感じ。高い音もハッキリとしてきた。今朝は調子良さそうだから"High C"までいけるかな...と、挑戦してみたが、ダメだった。
posted by B-Flatter at 16:13| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

数10年前の自分

【TV】一昨日、夕食を取りながらなにげにテレビを付けたら、この時期特有のスペシャル番組なのだろう、昔の漫才の映像を流していた。登場していたのは紳助竜介(島田紳助・松本竜介)ツッパリの兄ちゃんスタイルで売り出していた頃、若いね〜。番組は、フジテレビで放送していた花王名人劇場だった(Wikipediaのページ) 懐かしいなと見ていたら、客席を撮った映像の中に、若い頃の自分を発見した!(^o^)/ この番組、東京での公開録画はほぼ国立劇場演芸場で行われてた。永田町の、国立劇場の裏手にある演芸専門ホール。隣が最高裁判所、そばに国会図書館や自民党本部という不思議なロケーション(笑) 録画が行われる度によく行ったなぁ、皆勤賞に近いぐらい通った。もちろん無料。MANZAIブームが起こる前で、ツービートが初めてテレビに登場したのは、たしかこの花王名人劇場だったかな。当時はまだ浅草で主に出演していた頃。花王名人劇場では"立川談志&ツービート"という組み合わせだったかと。コント赤信号がテレビに出たのもこの番組(赤信号は渋谷の道頓堀劇場でコントをやってた頃)。コント赤信号のマネージャーが、現在、石井光三オフィスを率いていらっしゃる石井光三さん。この花王名人劇場の公開録画を観るために演芸場に行くと、受付に石井さんがよく居た。あの方、一度見ると忘れない独特の雰囲気(^^) 番組制作は東阪企画で、当時の社長さんは澤田隆治さんだった。公開録画を観に行きたい時は東阪企画に直接電話して申し込んだりした。石井光三さんの事務所に電話する時もあったかな、たしか。収録が終ると帰りがけに次の収録への参加を申し込む時もあった。今の様なお笑いが人気でもないし、MANZAI人気の前で、当時、演芸場に行く人は今ほど多くなかった。収録でも、スポンサーの花王(当時の社名はKAOではなくて、まだ花王石鹸だった)の社員さん達や取引先関係の人が結構いた。一般の客はそれほど多くはなかったんじゃないかな... 参加申し込みすると担当の方に喜ばれたりした。そんなこんなで、テレビで放送される時、たまに、自分の姿が出てきたりするのを、ちょっと楽しみにしてた(^^;; その頃は、ビデオデッキなんて持ってなかったので保存もしてない。で、先日、思いがけずウン十年前の自分に再開。写真じゃなく、映像で若い頃の自分を見たのは初めてかな... なんか変わんないな、昔も今もノンキな面してるぜ(^o^)
【Trumpet】今朝もトランペットを練習。今朝は正味50分ほど吹けた。まぁ、まぁ、いい感じ。吹き始めは眠たい音なんだけど、15分ほど吹いて一旦小休止すると、ちょっといい音になる。
posted by B-Flatter at 11:03| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。