2010年02月27日

守屋純子オーケストラ

【Live】昨夜は守屋純子オーケストラのライブに行って来た。ちょうど1年前、新橋ヤクルトホールでのライブにも行った。今回の会場は大手町の日経ホール。去年完成した新しいホールらしい。丸の内、大手町付近は新しいビルが次々と出来ている。メンバーは去年とほぼ同じ。トランペット隊は、去年の高瀬龍一さんに代わって、今回は奥村晶さんが出演。他の3名、エリックミヤシロ・木幡光邦・岡崎好郎さんらは同じ。様々なビックバンドがあるけれど、これほど豪華なメンバーを揃えたところが他にないのでは? オリジナリティ、音楽性、演奏の完成度、いろんな意味で日本最高のオーケストラだと思う。守屋さんのアレンジ、作曲が秀逸なんだろうな。日本人の感性にピッタリはまっている。エリントンとかビックバンドの定番曲も、日本人の口に合うようにアレンジされていながら、斬新さ、面白さがある。スタープレーヤーばかり揃えているから当然のことだけど、サウンドがキレイ、ハーモニーも完璧。だから、聴き易くて疲れない。ビックバンドって、どこかうるさかったり、濁ってたりする感じがするんだけど、そんな所は無い。ただ、整い過ぎていて物足りない、という見方もあるのかも... トランペット好きとしては、エリックミヤシロ・木幡光邦・岡崎好郎・奥村晶の豪華なメンバーのソロを聴けたので大満足(^o^) 今回参加の奥村晶さんのソロが良かった〜!音も、これぞトランペットという正統派。キラキラ輝いていて、それでいてジャズのテイストもある。音の精度がすごく高くて、完璧にコントロールされている感じがした。後で調べてみたら、奥村さんは東京藝大の出身。やっぱりね〜。奥村さんは熱帯JAZZ楽団でも吹いてるし、なんでも出来る人なんだなぁ。この間、NHKの音楽番組で、「トランペット吹きの休日」を、小学生の赤白帽子を被って演奏してた(^o^)  ビックバンドを聴くんだったら、まず守屋純子オーケストラでしょう!
【Trumpet】今日は雨降っていて、意外と寒いぞ。朝イチで図書館へ。借りていた本が1冊、読み終えることができてなくて延長してもらう。その後、トランペットを練習。1時間ちょっと。練習終わって、トランペットを分解掃除する。明日はお勉強会。開始時間が早いので、休日だけどサッさと起きなければ。
posted by B-Flatter at 16:26| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

ノートPC

【PC】家では、コンパクトさ優先で、いわゆるネットブックのPCを使ってきたけども、近頃、画面の小ささが段々と辛くなってきた(^^;; もうちょっと大きいサイズがいいなと。外へ持ち歩くことは滅多にないので軽さやバッテリーの持ちは最優先ではない。ネットとテキスト入力がメインだし(ゲームとかエクセルとかやらない)あと、Band-In-A-Boxと電子楽器系ソフトが使えればいい。ノートだとMacBook Proが欲しいけども、13インチのやつでも、やっぱり高い!(MacBookにするんだったら英語キーボードがいい)。Windows 7マシンでいいし、画面は15インチは欲しい。持ち歩くわけじゃないんでバッテリーの持ちや軽さは最優先ではない。Winだったら、MacBookの予算以下で、ノートPC本体と電子辞書(SIIの)が買えて、まだお釣りが来る(^^) Winだろうが、Macだろうが、ノートPCで10万円なんて出せないもんな。会社で買ってくれるんだったら別だけど(笑)日本メーカー製のモデルはほとんど使わない余計なソフトが入っていて、あれらが無駄。Officeもいらない。そんな条件で、とりあえず探してみると、第一候補はコレかな
【Trumpet】今朝はトランペット吹けた。ちょいと疲れて、今朝は少し寝坊し、いつもよりオフィス到着が遅れた。それでも40分ほど練習できた。丸2日、マウスピースも触れなかったせいか、最初はどうも固い感じ。ゆっくりとウォーミングアップ。唇も、身体もほぐれたら、意外といい感じの音が出た。高い音域も結構スムーズ。自然体、リラックス感を忘れずにやる。ゆっくりしたテンポでいいので、とにかく力まず、音が自然に出るようにする。今日は天気下り坂。夜は雨になるらしい。
posted by B-Flatter at 13:20| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

朝練できず

【Trumpet】一昨日からここがメンテナンスに入ってしまい、さらにこちらも激忙だったため、3日ばかし更新できず。徹夜続きのため昨日・今日と朝練も中止。やっと一段落した。今日の昼間、暖かかった〜。こんな陽気が続いたら桜が一気に咲いてしまうんじゃないか? 明日は朝練できるといいな・・・ NHK FM「The Session 2010」、来月最初の公録ライブの抽選、またハズレ。2回連続。往復ハガキでの応募なのでハズレると100円(ハガキ代)を損した気分。2回分だから200円の損だ(笑)
posted by B-Flatter at 17:53| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

緊張の移動

【Trumpet】天気予報だと今日は暖かいようなことを言ってたのに、寒いじゃん。曇ってるし。今週は本業が忙しく、朝練はわずかしかできそうもない。で、今朝は吹いていた。自然にゆったりと口を閉じた状態で音を出す。息を十分に吸って、口を自然に閉じて、マウスピースを当てて、息を十分に吐く・・・この4段階の動作をチェック。マウスピースを当てて息を吐いている時、口角はわずかに緊張する。外側に引くわけでもなく、上がったり、下がったりするでもなく、口を自然に閉じている状態のまま、わずかに緊張する。ある教本だと、"口角をわずかに緊張させ、唇の中央部分を柔軟に保つ"とアッサリ書かれているけど、これを実際にやろうとすると難しい。そんな上手いこと簡単にはできないって(^^;; 口角を左右に引いて唇を薄く引っ張っている場合もある。唇が開くのを防ごうとして、とか。"緊張"という表現が良くないのかも? "緊張"だと、力が入って左右上下に動いてしまう感じがする。口角を唇の支点として意識する、というのがいいのかも? どこか部分の緊張を取り除きたい時、その緊張している部分をなんとかしようと意識しても、なかなか思うようにいかない。意識したことで余計に緊張が増したりする。そういう場合は、緊張している部分とは別の部分に意識を持っていくことで、緊張が移動して、取り除きたい部分の緊張が取れたりする。唇の中央部分、マウスピースのカップの中に納まる部分を柔らかく保つ、と言われて、中央部分を柔らかくしようと意識する程、逆に緊張して硬くなって、高い音は出ないし、バテ易くなったりする(←まさに自分のこと ^^;;)。なので、別の部分を意識することでそこに緊張を移動させてしまうことも、ひとつの解決策ではないだろうか。理屈はわかったとして、じゃ、その"別の部分"ってどこなの? そう、それが問題(^^;; 
posted by B-Flatter at 13:23| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

繰り返す

【Trumpet】今日はトランペットのお勉強会へ。個人練習では色々とやってはいるものの、このお勉強会では基本中の基本のことばかり。今回も、力をできるだけ抜いて、ごくごく自然な状態で音を出すことの確認。トランペットで音を出すことの最もベーシックな状態、ゼロのレベルの確認。トランペットに限らず、楽器を演奏しようとすると(これは楽器だけじゃなく世の中のさまざまな行為においても同じだろう)、普通、身体は、何かしらの構えをしようとする。身体のどこかに力を入れて、緊張させる。何もせず、何も考えず、ただじっとしていて、その時、口もただ閉じて、鼻でゆっくりと呼吸をしている、そんな状態のままで音を出す。唇をどうしよう、という意識もない。巻き込もうとかも無し。そんなゆったりとした自然体の状態で、マウスピースのスロートに向かって、息を出せば、カップの中で唇は自然に開いて、音は出る。そういうように楽器は作られている...と、頭では何度も繰り返して理解している、はずなのに、身体はなかなか思うようにいかない。ほんと、イライラするほどできない(^^;; これでも自分では結構できるようになってきたつもりなのに、まだまだなんだよね。高い音に限界があるのも、結局、このゼロレベルに問題がある。毎回、同じことをチェックし、毎回、同じことを納得し理解した、つもりでいながら、また毎回同じことをやる。その繰り返しを今だに続けている。
posted by B-Flatter at 23:21| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

穏やかな

【Trumpet】よい天気、穏やかは一日だった。今日は仕事休み。午後、トランペットを練習。今日も始まりはリップスラーから。すべての運指(7パターン)での各音程での息の出し方、口の中の動きをチェックする。1オクターブの範囲内なので音を出すこと自体は難しくはない。1オクターブの跳躍でしっかりと切り替える。流さず、1音1音を丁寧に。その後、音を出せる範囲内でメジャースケールと7thコードのアルペジオ。アルタード、ディミニッシュ(コンディミ)も。その後、ブルースでフレーズの練習をやって終了。途中、休憩を入れて(唇を休めるため)、ざっと2時間ほど練習してた。ま、休日の練習はこんなもんでしょうね(^^)
posted by B-Flatter at 23:01| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

オープンマインド

【Trumpet】今日は腕時計をちゃんとしてきた。今朝は40分ぐらい練習できたかな。前半はリップスラー。息の角度(舌の動き)とスピードの切替えを素早くかつ明確にする練習。楽器の練習というより、これは肉体的訓練、運動だな(^^) この練習を先に行うと、その後でスケールを吹いた時の音が違ってくる。五線譜内の中音域の音が明瞭になる。音がよく切れる感じ。高い音域がいきなり出だす、なんてことはない(笑)トランペットにしても、サックスにしても、恐らく他の管楽器においても同じようなものだろうが、奏法や練習方法について実に様々な理論、考え方がある。ひとつ方法が、ある理論からすると有効であり、別の理論では否定される。考えてみれば、いや、考えるまでもなく、このような事はいろんな分野でごく当たり前のように存在する。歴史を揺るがすような大問題から、ど〜でもいいようなものまで様々(笑) 結局のところ、どんなものを信じて実践するにしても、言われるままに頭から信用しないで、自分なりに考えることが大切。主体は自分なんだし、最初から疑ってかかる必要はないけど、自分にどう合っているのか、客観的に観察することを忘れないようにしたいもんだ、と思う。熱くなって興奮すると視野が狭くなりがちなので、つねに冷静に。タメになりそうなことはニュートラルな気持ちで耳を傾けることも必要だろう。どこかに参考になることがあるかもしれないし、時間が経って、あの時の!と突然働き出すことも決しては珍しくはない。オープンマインド的な姿勢が大切なんだろうな。
posted by B-Flatter at 13:46| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

それなり

【Trumpet】今朝、雪が舞っていて、うっすら積もっていた。オフィスに着いて、左手首がどうもスカスカするなぁ〜と見たら、時計してくるのを忘れていた。家を出てからそれなりに時間経っているのに、今頃、気付くのか!?(^^;; で、今朝もそれなりにトランペットを練習。途中で邪魔が入ったため、できたのは30分ほど。Gが出たり、出なかったり。今朝の出せる音域内で練習。お、空が随分と明るくなってきたぞ。お日様が出るのは久しぶりだ。
posted by B-Flatter at 13:14| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

Jazz Phrases In All Key

【Trumpet】ここのところ毎日、寒いと言ってる。ずっと曇りや雨続きで、夜になって気温がさらに下がると雨が雪になる。積もることはないが。そんな寒さのせいにするわけではないけど、今朝のトランペットもイマイチだった。朝一番乗りでオフィスの中がまだ寒いせいからだろうか・・・ 着いてすぐに暖房を入れても、すぐには暖かくならないからね、と、結局は寒いせいにしている(^^;; そんなこんなで朝練をやっている。ひさしぶりに古本の収穫。高瀬龍一さん著の『Jazz Phrases In All Key』を入手。存在はしっていて、以前、どこかの店でチラっと見たことはあった。書き込み、汚れもなく、状態も良かったので有難くゲットした(^o^) 中身は、その書名通り、12キー別にいろんなフレーズが載っている。12キー移調ぐらい自分でやれ、と、言われてしまえばそれまでだけど、せっかく親切に載せてあるので(笑) パラパラ見たところ、シンプルでわかりやすいフレーズが多いような感じ。奇を衒っていないオーソドックスな音遣い。ブルースなんかで、前半はブルーススケールを使い、後半、この本のフレーズを使わせてもらう、というのはどうだろう。これって安易?(^^;;

JazzPhrasesAllKey.jpg
posted by B-Flatter at 17:04| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

ウロチョロ

【Trumpet】今日も寒い。今朝は練習できた。日曜日、さっぱり出なかったGの音が。ま、G程度でウロチョロしてるのレベルも低いのだけれど ^^; 今朝は意外とスンナリ。出る、出ないは、ちょっとしたポイントの違いなんだろうけど、そのポイントが何なのかが、未だに掴めていない、というのが問題。自分なりのポイントを毎回いろいろと探して、やってみるんだけど、その日うまくできたとしても、次の日になるとまた結果が違ったりする。教えられても、なかなか続かないから厄介。そんなこんなのトランペットの日々だ。
posted by B-Flatter at 16:46| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ロイ・ハーグローブ

【Trumpet】この間のメイシオ&キャンディ@石森ホール。会場でBLUE NOTE TOKYOのスケジュール(2〜4月分)を配布してた。その表紙に登場していたのが"ロイ・ハーグローブ(Roy Hargrove)"。2/23〜26に公演を行う。表紙の、フリューゲルを吹くロイ・ハーグローブの写真がカッコイイ! スーツ(オフホワイトの無地)を着て、エンジ色の蝶ネクタイをして、靴はネクタイと同色のナイキのスニーカーというスタイルが、決まってる。ライブ開始前のウォーミングアップのような雰囲気で、椅子に腰掛けて愛用のフリューゲルを吹いている。横のテーブルの上にあるのは、フリューゲルのケースだろうか? 皮製のやつ。このケース、欲しい!(^o^) 表紙に写っているフリューゲルをロイ・ハーグローブが吹いているビデオがあった↓ フリューゲルのケース、早く見つけよう。特製紙ケースだと、保管はいいけど、持ち歩けない(^o^;;;

posted by B-Flatter at 18:02| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

おとなしく

【Trumpet】今週もスタート。先日、図書館で、収蔵されたばかりの新刊本を借りた。3000円近くするページ数のある単行本で、自腹で買うには躊躇する(^^;; 昨日のトランペットあんな調子だったもんだから、今週はキッチリと朝練やるぞ!、と、意気込んで出社してきたら、先に仕事をしている者がいるじゃないかっ! 仕方ないので、朝練をあきらめた。こっそりバジングもせず完全休止。今週木曜日のNHK FM "The SESSION 2010"の公開ライブは残念ながら抽選に当たらず。たまに外れる。明日もライブの予定があったのだけども急遽キャンセル。今週はおとなしくしていよう(^^)
posted by B-Flatter at 15:00| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

メンドクサイなぁ〜

【Trumpet】バンクーバーオリンピックのテレビ中継をつい見てしまう。モーグルで、メダルを取った選手の滑走はキレイだなぁと感心。あんな凸凹なのに、まるで平らな面を滑っているかのように重心位置が変わらない。雪が舞い上がる量も少ない。それだけエネルギーのロスが少なくスピードが出る、ということなんだろうな。テレビは、相変わらずメダル、メダルと、二言目にはメダルと、うるさい。日本人選手が進化してるのと同じように外国選手も進化してるんだから、そんな簡単にメダルを取れるわけないだろう。ましてやオリンピック。W杯とは違うんだから。今回だって強豪選手が転倒してたし、やってみないとわからない。その時、運がどう向くかってことでもある。4名もの選手が決勝に進出したってことだけでも十分じゃないの。結果は選手個人のもの。あと、モーグルやジャンプばかり放送してないで、他の日本人選手の競技も地上波でちゃと放送しろ!結果だけ言うんじゃなくて。BSだけで済ませるな!(^o^) てなわけで、午後からトランペットを練習した。1時間ちょっと。金曜土曜とほとんど何もしなかったので、今日は調子悪いかなと思ってたら、案の定、高い音が出ない。Dから上がさっぱり・・・(-_-; しばらく吹いてたら出るかなとやってみたけど、空振りのスカスカ音で、まともな音が出やしない。こんな時、トランペットって、あ〜メンドクサイなぁ〜って思う(笑) サックスの場合、とりあえず音は出せるからね。仕方ないので出せる範囲内で吹いていた。こんなんで大丈夫かな・・・
posted by B-Flatter at 22:35| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

メイシオ&キャンディ

【Event】今日も寒い。雪まじりの雨、雨混じりの雪。午前中、仕事をサクサクっと片付けて、石森管楽器でのイベントに行ってきた。メイシオ・パーカー&キャンディ・ダルファーのクリニック。クリニックと言うより"ファンの集い"みたいだった(^^) ファンクの帝王と女王(←イベントのチラシより)の豪華共演だけあって、地下のイベントスペースがほぼ満杯。いま、ブルーノート東京で"My Funky Valentine"という共演ライブをやっているから。クリニックの模様については、ジャズライフとかで紹介されるだろうから、ここでは割愛。最後、メイシオとキャンディ、それに来場者も加わって演奏してた。さすがは帝王、メイシオの音のデカイこと。それで、ズ太い。1943年生まれということになってるので、70歳間近であの音はスゴイわ。キャンディの他、見たことのある日本人のプロのプレーヤーも、最後加わって吹いていたけど、メイシオの音がダントツで聞こえる。他は、いわゆるファンク系サックスの音色だけど、甲高いばかりで音自体が細くて、前に出てこない。エネルギーが足りない。それに対して、メイシオの音は、マイクを使わなくても、ドラムやベースのリズムセクションの音からズコ〜ン!と突き抜けてくる感じ。浸透力、抜群。世界各国のいろんな修羅場で勝負してきた、まさに筋金入り(^^) ファンクサックスは、音の大きさとリズムが命だ。と言ってるようだった。フレーズ気にしてチマチマやるなって、ね。帝王はおそらく、クリニックだし、昼間でまだ身体は半分ぐらい寝てるんだろうし、適当に流してると思うよ。それでも、あの音だもんな、レベルが違う。あれこそ本物だ。雰囲気も貫禄十分、あり過ぎ(笑) この間、テレビで映画"極道の妻達"をやってたけど、あの映画の岩下志麻さんと同じぐらいの貫禄。メイシオの横に、あの岩下志麻さんが居たりしたら、きっと凄い絵だと思う。
posted by B-Flatter at 16:28| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

続木徹さん(p)

【Piano】今日も寒かった。西の方へ行ったら、雨が雪になった。ん〜ん、寒かった。今日は朝早くから仕事だったため、朝練は無し。また、高瀬龍一・伊勢秀一郎カルテットの話。NHK FMでの放送された公開ライブをエアチェック。それを聞きながら、これを書いている。フロント2管については書いたので、今回はピアノについて。放送の音を聴くと、会場とはまた違ったことにあらためて気付いたりする。それが、ピアノ。演奏は、続木徹さん。放送の方が、生よりもピアノの音がよくハッキリとわかる。続木さんのピアノは、音がとてもキレイ。人工的というか加工されてキレイになっているんじゃなくて、自然な美しさ、透明感。そして、柔らかい。まるで、女性が弾いているような感じ。バンドが変われば、音色も多少変化するのかもしれないけど、聴いていたとっても気持ちがいいんだよね。無駄がなくて、物足りなさもなく、キレイにピッタリと音が入っているけども窮屈さがまったく無い。こういうのを自然体って言うんだろうな。本当に上手い、職人肌。
posted by B-Flatter at 22:59| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

BLUE MONK

【Trumpet】雨降って寒い。今日はおとなしく家に居て、午後に1時間ほどトランペットを練習。この間のキーボードとの二人セッション練習でやったB♭ブルース。曲は「BLUE MONK」を選択。B♭ブルースと言うと「Tenor Madness」しか思い浮かばず、それでも良かったんだけど、今までやったことがない曲ということで「Blue Monk」にした。この曲、ゆっくりしたテンポでやってもそれなりの雰囲気がある。リズムは、モンク作らしい、ちょっとヒネった所がある。8小節目にGの音の三連があり、ここが難所。この間は、このGがまったく出なくて、仕方ないので1オクターブ下げてやった。曲の前半はブルーススケールでやり、後半はコードトーン、スケールを使ったフレーズで構成。高い音は無理して使わず(笑)、しっかりした音を確実に出せる音域でやっていた。ただ、しばしば、指が追い付かなくて混乱も(^^;; 新宿SOMEDAYは、新宿の喧騒からはちょっと離れた場所にある。夜になると意外と静かな感じがする。一帯には飲食店が多いんだけど、雨で寒かったせいもあるのか、靖国通りからちょっと入ると人も少なめ。新宿のSOMEDAYに行ったのは昨夜が初めて。天井が高く、中は結構広い。ステージも広くて、柱や梁に邪魔されることなく、どの席からも見やすい。音も良い。テーブルチャージとか面倒なものはない(^^) 余計なことがなく、好きなプレーヤーを聞いて、適当に食べて飲んで、終わったらサクッと帰る、という感じ。青山とか、丸の内とかだと肩が凝りそうな性格には、ちょうどいい店。
posted by B-Flatter at 20:54| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

高瀬&伊勢カルテット、再び

【Live】今日はまた寒かった。夕方から雨。今夜は、高瀬龍一&伊勢秀一郎カルテットのライブを聴いてきた。この間のNHK FM「The Session 2010」での公開録音に続いて2回目。店は新宿SOMEDAY。「The Session 2010」での演奏がとても良くて、感動しちゃったので、駆けつけた次第。今夜も良かった〜。いい音をゆったりと楽しめる、心地良さが格別。理に適っているというか、音のラインがキレイに描かれていて無理がない。だから、とても聴きやすく、それでいて、ジャズの旨みがちゃんとある。二人の演奏を聴いていると、これがジャズトランペットなんだなと思う。派手なプレイも嫌いじゃないけど、こういう空間の余白を大事にして、余分なものを削ぎ落とした、音を丁寧に演奏するプレイにも惹かれる。円熟のプレイってやつだな。しかし、こういうサウンドこそ、確実な演奏技術と高い音楽性が必要なのは言うまでもないこと。真似したくなるけど、いざやってみると、まったく様にならない(笑) 昨夜は雨だったけど、今夜も雨で、また雪になるらしい。

posted by B-Flatter at 10:43| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

トリスターノ

【Trumper】今朝は訳あってトランペットを吹けず、代わりにバジングで30分ほど。昨夜はなぜに音が出なかったんだろう? 出そうするほど出なかった。理由はカンタンなんだろうな、要は、自分なりの音を出す型がまだ全然出来てない、ということ。アッチやったり、コッチやったり、その時によってバラバラ。口以外で吹くわけじゃないし(笑)、もちろん、そんな極端にばらついているわけではない、けども、マウスピースの角度とか、さらに肝心な息を出し方、送り込み方が出来てないんだと思う。つーことは、毎朝何をやってるんだ!?、と(^^;; 野村語録の中にたしか「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」というのがあった。"音が出ない"に不思議の"出ない"はなし、というわけだ。
【Music】レニー・トリスターノのアルバムを聴く。邦題が「鬼才トリスターノ」(←いかにもって題名だな) 全9曲で前半4曲がピアノトリオで、後半5曲がリー・コニッツが加わっている。ピアノトリオの録音はお尻がフェードアウトしてる。"クールジャズの最高峰"という宣伝フレーズに関係なく、トリスターノの強い打鍵、自動演奏ピアノかと錯覚してしまうようなプレイが、これはなかなかハマってしまう。予想外に聴きやすい。心地良いよ。変に甘ったるいピアノよりも、個人的にはトリスターノの方が断然好きだ。リー・コニッツの音も好きだ。

tristano.jpg
posted by B-Flatter at 09:41| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

音が出ない!

【Trumpet】今日の日中は暖かかった。キーボードと二人でのセッション練習。題材はB♭ブルース。ほぼブルーススケールのみで吹いてたんだけど、音が出ない。Cから上がサッパリ出ない!いろいろ気をつけて注意してみても出ない! 正直、焦った(^^;; 今朝はGまで出せていたのに。楽器のトラブルか?と見てみても別に不具合はなさそうだし。もう仕方ないので1オクターブぐらいで、なんとかやりくりして演奏した。1時間ちょっとやってて、結局、最後までCから上が出せなかった。朝練の時は出てた音が、そんな無理なく出せていた音が出ないとは!?...ショック...でもないか?(笑) 先月の時はGまで出せたのに。ま、悩んでもしょうがないし、一人前に悩むようなレベルでもないし、そんな時もあるってことで(^o^) サックスだと少なくとも音が出せないということはない。トランペットって大変だわ。どこかに原因はあるのだろうけど、いちいちクヨクヨしてたら続けてられない。また、明日っ!
posted by B-Flatter at 23:51| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

口笛のように

【Trumpet】2月は寒い。暖房を強くしているのも嫌だし、でも、寒いのも辛い(^^;; 寒さに負けず、今週も元気に頑張ろう!ってわけで、一週の計は月曜にあり、というわけで、今朝はいつもより早く出社してきて、1時間ほど練習をしていた。前半30分ほどは、バジング、ロングトーン等の地味なこと。Mid C(チューニングB♭とも言うのか?)から上の音域(現在はAまで)を、リラックスして楽な感じで音を出すことが、なかなか難しい。気張る感じしないと音が出ないんだよね。もっと軽く、口笛のように音を出したい。高い音で、すんなり音が出ないで力むと、唇の中央付近を硬くしてしまって、それで余計に音が出なくなる、いわば悪循環。音域拡大の練習をする際も、力まないよう丁寧にやっていく必要がある。...と思っていても、いざとなると、音を出そうと無理をする。力みが癖になってしまわないよう気を付けないと。
posted by B-Flatter at 16:33| 平凡な日々の記憶 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。